XTRONSナビのその後 #XTRONS #10インチ #中華ナビ #電子ミラー

Androidナビについての追記。

あまりにも便利なので新機種が出たら即買いという感じなのだがなかなか・・・・

2019年時点での現状把握と、現時点で出ている不満点、問題をメモしておく。

褒める点は山ほどあるのですべて書くことはしない。まずは現時点で僕自身が抱えている(いた)問題点について

① 上記10インチナビ "TE103SIP"に限っての問題

  - 液晶裏のヒンジ固定部が樹脂パーツで脆い。完全固定しようとネジを締め付けると部品が割れて固定できなくなる。

P_20180817_085206_vHDR_Auto.jpg

ナビを右側面から覗き込んだ写真だが、画像中心のチルト調整用ネジの部品が割れる。

→ XTRONSの日本サポートに問い合わせたらすぐに代替部品を送ってくれた。そういう意味では問題なし。

② フルセグテレビチューナーはいらないかも

- タッチパネルも使えるので使い勝手が悪いわけではないのだが、レスポンスが悪い、アンテナのわりに感度が思った以上に悪い。アナログ接続なので画質が悪い。ということでよっぽど見たいものがない限り使っていない。というか、それ以上に他のアプリが使えるのでストリーミング中心の使い方に変わった。

③ Rooted(非公式Android端末)の扱いなので、使えないアプリが多い。

  - 僕の場合はNasneを使いたかったので、TVSideViewやTorne mobileなどを試したが、起動まではいくもののDTCP-IPで引っかかる模様。

 このくらい。ナビとしてはGooglemap特有のショートカット系、畦道系ルートを頻発するものの、目的地につけないわけではないので問題なし。ネットについてはSIMカードを挿せるUSB給電式のWifiドングルを1ヵ月ほど使ったが、ネット接続までに数分かかることから乗り込んだ直後のナビ設定ができないという問題で取りやめ。結局4G内蔵スマートルームミラーを購入し、車内でテザリングをすることで解決した。

 このスマートミラーはドライブレコーダーがついているため、常時起動しスタンバイしているのでネット接続までは数秒。ルート検索に対する悩みはなくなった。(このルームミラーだけでいいじゃないかという話もあるが、あくまでドライブレコーダーとして使用)

現時点ではAndroidスマートルームミラー + Androidナビという最強の組み合わせで運用しているが、車内エンタメに対する不満はほぼなくなっている。ただ、画面の解像度(ミラーは1080pなのに対して、ナビは600pしかない)ともっさり感は改善して欲しいところ。中国サイトも漁っているが、この辺りを解決してくれる新製品はまだない模様。

 新製品が出たら確実に飛びつくと思うのでまたご紹介できれば。