ポイント消化系アイテム #Yahoo! #LOHACO #楽天 #ポイント地獄

世の中は現金から電子決済の方向に突き進んでいる。海外ではほぼ電子決済のみで生活できるような地域もあるのに、日本は当たり前のように取り残されていく。

まっとうな考えができるひとなら、現金→電子決済への置き換えにより手間や工数が省け便利になるように設計するものだが、日本はなぜかそのシステム構築で中間マージンを毟り取ろうとする。そんなのはデファクトスタンダードになってからでいいのに。手数料が高いので流行らない→サービスが乱立→共食いといういつものパターン。

ということで、同業をつぶしにかかるべく体力のある企業はポイントをばら撒くという流れになるのだが、この流れには乗っておかないと損をするよというお話。

クレジットカードの入会特典のポイント還元、証券会社の取引ポイント還元などは数千円相当のポイントなのでレートは高いが手続きが面倒くさい。Tポイント,Ponta,Nanacoなどのコンビニで使える電子マネー系は使い分けが面倒など、持ってない人の使わない理由もよくわかる。200円で1ポイントなんて雀の涙。

でも、これだけは言える。今の時点ではYahoo!ショッピング(Tポイント)、楽天市場(楽天ポイント)のポテンシャルは高く、ポイント還元まで含めればAmazonを超えている商品がかなりあるということだ。いろんなことが面倒だと思う人に最低限やってほしいと思うのは以下のどちらかの組み合わせ。

1.Yahooカードのポイント還元+Yahooショッピング(Tポイント)+LOHACO+Yahooマネー+ヤフオク

2.楽天カードのポイント還元+楽天市場+楽天証券

1の場合はTポイントの流動性が非常に高い組み合わせで、さらにSoftbankユーザーなら還元率が大幅に上がる。

2の場合も然り。カードポイントがそのまま買い物に使えるほか、期間限定ポイントなどの端数で投資信託が購入できるので、ポイントの未消化→失効という損失を防ぐことができる。

生活必需品も大容量パッケージやまとめ買いで送料が無料になることが多く、また店舗やAmazonと比べても最安値の商品なら逆に買わない手はない。最安値で買っているのにポイント還元率10%越えで文句のつけようがないのが現状だ。ネット通販で使う金額が多ければ多いほど効いてくるのでできるだけ早く始めることをお勧めしたい。

個人的には生活必需品やその経費を合わせ、通販で月額10~20万近く使っているがそれだけでも万単位のポイントが貯まる。ポイント込みの実質価格で得をしていると考えてしまうとただの無駄遣いにしかならないのだが、それらの価格がポイントを除いて最安値だった場合はポイント分は丸儲けということになる。

楽天ポイントのいいところは、端数で余ったポイント(数円から数百円単位)を楽天証券で投資信託の購入に充てられるということだ。買い物に使おうと思うと現金の出費を余儀なくされる端数分を投資に回すことができるため、ちゃんとポイントを使い切ることができる。

とりあえず僕が楽天市場でよく買うアイテムをまとめてみたので参考まで。

楽天ROOM

まとめ買いでいいなと思うのはこういうもの。例えばコンタクトの保存液