RIGOLのオシロスコープをアップデートする #オシロスコープ

今年に入ってからRIGOLのオシロスコープDS1054Zを使い始めたのだが、このオシロは最近の機械らしくソフトウェアのアップデートがある。

モードによってはフリーズしたりもするらしいので、念には念を入れてアップデートしておく。アップデートすることで悪化する可能性も否めないがww

そんな格安オシロのアップデートの一部始終を淡々とお送りする。

RIGOL (リゴル) デジタルオシロスコープ 50MHz 4ch 1GSa/s DS1054Z RIGOL (リゴル) デジタルオシロスコープ 50MHz 4ch 1GSa/s DS1054Z


リゴルジャパン
売り上げランキング : 4124

Amazonで詳しく見る

RIGOLのサイトから、所有しているモデル向けのファームウェアをダウンロードする。

RIGOL Download

ダウンロードしたファイルを展開し、GELファイルを取り出す。

このGELファイルをUSBメモリのルートフォルダに保存する。(USBメモリは容量が少ないほうがいいらしい。デカいと認識しない?)

1. 準備が整ったらUSBメモリをおもむろにオシロスコープに挿す。

IMG_20160804_222820.jpg

2. 精神統一。心を無にして電源スイッチを押し込む。

IMG_20160804_222852.jpg

3. 起動画面ののち、USBメモリ内のアップデートファイルを認識したら自動的にアップデート画面に遷移する。

ここで指示に従い右上のOKボタンを押す。

IMG_20160804_222901.jpg

4. 何事もなかったようにアップデートが始まる。

IMG_20160804_222907.jpg

アップデートが終了したようだ。リスタートしたら新しくなるというメッセージが出るが、どうリスタートすればいいかわからない。普通の感覚で、この状態で右上のOKを選択すると、4に戻るので永久に終わらない。この時点で電源を切ってもいいようだ。電源を入れなおすとアップデートができていた。

IMG_20160804_223005.jpg

以上、中華オシロスコープのちょっと説明不足なアップデートの雰囲気をお伝えしました。

OWON SDS7102(V) オシロスコープ フルセット 本体VGA付 + 充電式バッテリー + キャリングケース 1Gsサンプリング 100MHz 10Mロングメモリ FFT機能 カラー ポータブル OWON SDS7102(V) オシロスコープ フルセット 本体VGA付 + 充電式バッテリー + キャリングケース 1Gsサンプリング 100MHz 10Mロングメモリ FFT機能 カラー ポータブル


OWON
売り上げランキング : 321966

Amazonで詳しく見る